旅をして文章を書く人になりたいと思っていた

だったらやれば? 大吟醸トラベル始めました♪

64:“スリバス”に乗ってバチカンへ

 ローマは古くて美しい街だけど、失笑してしまいそうなことがいくつかあった。人の行動がいちいちおもしろい、関西人みたいな性質なのかな。

daiginjo travel rome vatican city thief

 ローマはこの時が初めてだったから、当然バチカン市国にも行こうとした。すると、ホテルの人や会う人に必ず言われた。

「スリバスには気をつけて!」

 泊まっていたローマ駅の近くのホテルからバチカンまでは、駅前のバスターミナルから一本で行けた。乗車時間もたいしたことない。だけど、そのバスではスリ被害に遭う人が多いため、“スリバス”と呼ばれているらしかった。確かに、ガイドブックには「極力荷物を持たない」「バッグは前に」といった注意書きがあったな。イタリアの強盗は暴力的ではなく、気づかぬうちに持っていくコソ泥タイプなことも学習済み。

 だから私たちは手ぶらで出かけた。お財布はポケット、カメラは薄いタイプのだったから斜め掛けして体の前。もともと高価な物なんて持ってなかったけど、念には念を入れた。そんな感じで気合いを入れて挑んだスリバス体験。いざ、バス停に行ってみたら、ひっくり返りそうになった。だって、

 スリと思われる方々が皆、同じ服を着てる!

 スリらしき方々はとにかく茶色の革ジャンを羽織っていた。いや、革ジャンとかレザージャケットという呼び方はふさわしくない。合成皮革っぽいジャンパー。それになぜか皆、ハンチングをかぶってる。そんな服装で固まって、おしゃべりをしながら獲物が現れるのを待っていた。

 ユルい。ユルすぎる。コソ泥ってもっとコソコソしてるのかと思ってたのに、わかりやす過ぎ。若い私たちは大爆笑してしまった。

 そして、アジア人の私たちはそんな彼らに捕まる。まずはバッチリ目が合って(笑)、同じバスに乗り込んできた。彼らの心の中はきっと「いいカモみっけ」だっただろう。で、私たちのすぐ後ろに立つ。バスは都内の通勤時間ほどではないけどまぁまぁ混んでいて、スリにはうってつけのコンディション。だけど、私たちはもうわかってしまっていたから、窓の外を向いてスリたちにおしりを向けず、彼らと向かい合って立った。

 私たちとスリ達、乾いた微笑みを交わす。

 そんなでは彼らはスリできず、バチカンに着く前にプンスカして降りていってしまった。

 街を見渡せば同じ格好の人がたくさんいて、語らずとも「私たちはスリですよ〜」とアピールしていた。なんてマヌケな(失礼)。私たちは全然おしゃれじゃないその上っ張りを“スリ組合ジャンパー”と名付けて、見るたびに苦笑いをした。この人たちにスリされる人は、お互い様なんじゃないかな。

 そういえば、スリ組合の方々はほぼおじさんだった。妻子持ちだったりするのかな?職業欄にはフリーランスと書くのかな?

 なんて、歳を取った今になって考えている。おじさんたち、今も元気でいますように。

 そうそう、バチカンはすごかった。厳かで人がたくさんいて、教会の中で練り歩きみたいなのも見た。そのくらい。

 

www.google.com

63:ローマは今でも古代ローマの匂いがする

 ローマのことを考えた。なんでだろう。

daiginjo travel italy roma

 “すべての道はローマに通ず”という有名な言葉を知った時は、まだローマを紙の上でしか知らなかった。だから「結構なことを言うわね」と思っていたな。だって遺跡なんて日本にもある。だけど、実際に街を歩いてみたらやばかった。

 そこら中にある遺跡は、そのどれもが巨大。その前に街が広大。観光客もたくさんいるんだけど、遺跡の大きさに比べたら人なんて皆“アリ”レベル。ちっぽけに見えた。

  目の前にコロッセが見えた時は半端なくワクワクした。こんなデザインの建物は現代に生まれてないし、建てるのにはものすごい労働力が必要だったはず。あと、本当は円形で、今はない部分は戦争の時に資材として使われたなんて話も好き。

 もっと感動したのはフォロ ロマーノだった。ロマンというか、あえて浪漫と書きたい感じ。発掘だか修復だかの作業がされてる下の方に行けるんだけど、何で私は行かなかったんだろう。最近は美術館でもガイドを借りるし、ガイドが着くタイプの閲覧ツアーに必ず参加してる。ガイドさんから得られる小話がいつも記憶に残るから。
 というか、私。下の写真でいったいどこに立ってるんだろう。奈落の底の上に架かる橋みたいな場所にいるよね。あー、ローマに行きたい。

 あと、スペイン階段の舟の噴水の写真が残ってる。ローマの噴水は底が水色で、水も澄んでるのが印象的だった。作られたのは1629年らしい。日本は徳川家光の時代か。そっくりそのまま当時の物なのか、どのくらいの修復が施されているのか気になる。そして、スペイン階段は笑えるくらい人がいっぱい。私は階段の上から歩いてきたんだけど、その上に入る直前の道に東西南北がわからなくなる不思議なスポットがあった。

 ここは現代にある異世界。匂いまで昔々のもののような気がした。

daiginjo travel roma

daiginjo travel italy roma

  ローマのことを思い出すと、PHOENIXというフランスのバンドの『ROME』という曲を思い出す。サビにローマ、ローマ、ローマ、ローマというところがあるのね。今度行ったら歌っちゃうだろうなと思う。

 

www.google.com

43:Majiで吐きそう5秒前だったドーバーからのイギリス入国

 普段はまったく使わないけど、Google Mapには海路も出ている。それで知った。今日書こうと思っていたフェリーの旅が今はもう運行されていないっぽいことを。

 ベルギーの西の果てにオステンデと海辺の街があって、そこからイギリスに渡ったことがある。理由は、たぶん旅行会社か緑の窓口みたいなところの人が言ったから。

 あの時は確かユーロスターが開業して五年くらい。パリまで行ってそれに乗ればすぐに着くのは知っていたけど、わざわざヨーロッパに来てまで日本の新幹線みたいな物に乗っても面白くない。だから私は「何かおもしろい行き方はないか」と聞いたのだった。

 電車でオステンデ、そこからドーバーまでフェリー。ドーバーからロンドンまで電車。

 フランスのカレーから海路があるのは知っていたけど、ベルギーから行けるとは知らなかった。おもしろそう。当時の私はそんな感じ。だけど、日本ではあまりみない大型のフェリーに乗り込むなり、私たちは後悔した。

 だって、一気に酔ったから……(泣)

 私も友達も車や船に酔うタイプではなかった。なのにSeacatという名のそのフェリーに足を踏み入れるなり、エンジンの振動だけで酔った。なにあれ。そして、波がめちゃくちゃ荒い。私が知ってるのなんて、日本の内海と前に書いたスウェーデンの海くらい。だけど、ここはそれらの遥か上。ドーバー海峡を泳いで渡る挑戦をする人の話を聞くけど心からすごいと思うくらい。だって大型のフェリーが揺れまくる。中は広いレストランみたいな造りになっていて、ふかふかの椅子とテーブルが据え付けられていた。そこで、横になって寝てる人もいたな。

 私なんて、手で体を支えないと椅子から転げ落ちそうだったのに!
 ある大きく揺れた時なんて、反対側の窓から海面が見えるくらいに傾いたのに!

 どうやら、このフェリーは慣れてる人たちの交通手段らしい。例えるならば、兵庫から大分まで行く観光客向けのフェリーではなくて、青函連絡船。誰も彼も免税でタバコやお酒を山のように買っていて、客室の真ん中にある大きなバーカウンターでお酒を飲んでいた。私たちが吐きそうだった要因のひとつは、このバーカウンターにもある。普段はお酒も好き。だけど、船酔い真っ最中でアルコールの匂いはきつかった。

 寝ようとしたけど、揺れて眠れない。岸はまだかまだかとひたすら耐えて、やっと着いた時、きちんと順番に船を降りるのがもどかしかった。

「私、あと五秒で吐く」

と、友達と何度も言い合った記憶がある。吐かなかったのが不思議。あれに懲りて以来、非常用ポーチにはかならずトラベルミンを入れておくようにしてるくらい。

daiginjo travel ostend dover england

 ドーバーに着いた時、港からお城が見えた。寒々しい雰囲気の港町だったけど、そのいかにも王子様が助けに来てくれそうな古いお城を見てテンションが上がった。そのままドーバー城と言うらしい。
 コナン ドイルの『ナイジェル卿の冒険』『白衣の騎士団』の時代のお城はこんな感じかと思ったら、こちらは十一世紀のお城らしい。古い。行ってみればよかったな〜と今、後悔してる。高台の上にお城が建っていることしか覚えていなかったけど、写真を調べてみたら、ただの崖だと思っていたところは人の手が入った砦のようにも見える。町の東側にもダイナミックな崖が広がっているし、ここはもう一度行かないとだな。

 この時はロンドンに行かなくちゃだったから、言われたとおりに電車に乗った。途中通ったカンタベリーも素敵そうだった。ここもきっと行くな。

 一応書いておくと、フェリーはもうコリゴリだった私たちは、ロンドン滞在を楽しんだ後、ユーロスターで帰った。ずっとトンネルだし狭いしで感動なし。ずっと寝てた。

 

 愛用してるのは、オレンジのトラベルミンファミリー。カフェインが入っていないのがいい。中身が少ないのでまとめて買ってある。失礼な話だけど、人の運転でも酔う時があるので(ごめんなさい)

 

www.google.com

17:大阪城ホールでジョン メイヤー

 久しぶりに大阪城に行ったのは、大阪城ホールでジョン メイヤーのライブがあったから。

daiginjo travel osaka castle hall john mayer

 外国人ミュージシャンが来たらワオってなるよね。自分たちが演奏する会場の横にお城がある。日本人でもワーとなるんだから。

 大阪城ホールに行ったのは、この時一回だけ。この日は着席だったから、入るなり室内一面に椅子が並んでいる様子にオーっとなった。なんとステージに対して、座席が横長に広がるレイアウト。たいてい縦長なんだよね。

 私たちの席は、前から数列だった気がする。ジョン メイヤーのコンサートはなぜかいつも前が獲れる。私たぶん、日本のジョン メイヤーファン古株ランキング(そんなのない)一桁なんだよね。最初のライブの時に思った。
 でも、その後人気が出て日本に帰ってきてからは関係者席がどんどん広くなっていった印象(笑)。彼はものすごいソングライターでシンガーでライブでは黄色い声援が飛び交う人なんだけど、日本ではギターマニアのおじさんばかりが曲なんか聞かず、彼のギターテクニックを見逃すまいと指ばっかり見てる。キモ。だからか、関係者に融通するチケットが増えていた印象だった。

 そんなこと本人には関係なく、いつでもどこでも素晴らしいチームを率いて、素晴らしい演奏を披露する。喉に腫瘍ができて手術をした後は少し声が出にくそうだけど、それはそれでいいんじゃないかな。この頃には一時顕著だったポップ路線も影を潜め、やっぱりブルースみたいな感じで渋い曲が満載になってた。はぁ、かっこいい。このホールの基本的な音の質はわからないけど、この日はとても音が良かった。 PAの技術かな?

 ボロボロのストラトキャスターがトレードマークなジョンだけど、フェンダーとは決別したらしい。富豪が考えることはよくわからない。

daiginjo travel osaka castle hall john mayer

daiginjo travel osaka castle hall john mayer

daiginjo travel osaka castle hall john mayer

 

www.google.com

16:一分過ぎてて涙、登れなかった大阪城の天守閣

 初めて行ったのは小学生の時。上から見下ろす風景で記憶に残っているのは、大阪城ホールでの誰かのコンサートに集まるたくさんの人だった。そして、次に行ったのは、あべのハルカスがオープンした年。その間、大阪には行ってたけど、お城には行ってなかったらしい

daiginjo travel osaka castle

 前の時はどこからどう行ったか覚えてない。今回はあべのハルカスからモノレールみたいな電車に乗って、大阪城の駅から歩いてきた。

 この時は、昔はなんとも思わなかった石垣に目がいった。歳をとったから?当時は石を切るのも積み上げるのも人力だったんだなと思うとグッとくる。しかも、好きで作りにきた人たちじゃない。このお城を作るために亡くなった方もいるでしょう。それを思うと、栄華よりも怨念が漂ってきているような気がした。

 だからなのかな、近代に作られた手前の新しくてきれいな橋よりも、不揃いだけど汚れて苔が生えてもそこにある石垣の方が美しい物に見えた。

 この時の私たちには予定まで時間があったから、天守閣に登ろうということになった。すごく久しぶり。ちょっとワクワクして、写真の橋を渡る。でも、ここはお城。すぐそこに見えても、そんなにすぐには到着しない。グルグル丘を登らされて、やっと上の広場に到着。見上げる大阪城に感激。そして興奮そのまま、意気揚々とチケット売り場に行った。

 窓口の方「本日は閉館しました」

 チーン。

 閉館時間は17時か18時。どちらかは忘れたけど、とにかく窓口にある時計が01分を指していた。

 空はまだ明るい。たった一分過ぎただけなのに、残念がっても入れてもらえず……。時間に厳しいのは公務員?それとも大阪人?いずれにしても天守閣に登ることはなく、また行かなくてはならなくなった。今度は早い時間に行く。

daiginjo travel osaka castle

 前出のとおり、この時はあべのハルカス開業直後。ネタにもなるからと、まだひと組み泊まったかどうかなマリオットホテルに泊まった。それで知ったのは、マリオットホテルの枕が寝やすいこと。ネット検索で出てくるおもしろい形の枕ではなく、普通に長方形の枕。

 欲しいなとおもってホテルの方に聞いたんだけど、販売していなかった。私たちが快適に過ごせたことにホテルの方は喜んでいたけど、私たちはやや残念。ネットで売ってくれないかしら?

daiginjo travel osaka castle

 上の写真は、ホテルの下の百貨店で売ってた『ポワール』というお菓子屋さんのレモンアイスクリーム。商品名はシトロンらしい。気づいたら、このお店は銀座や東京駅にも出てきてるらしい。でもね、今チェックしたらお値段上がってない?

store.poire.jp

ひとつ千円するアイスを買うかな〜?と思った。味は普通。

 

www.google.com

 

94:モン=トロンブランはつまらない観光地じゃない

 ローレンシャンのことを書くのにつづりや道の番号を調べていたら、「つまらない」「観光地」というレビューをたくさん見つけて悲しくなった。東京で言うとどこだろう?高尾山?銀座?

 ローレンシャンは私のとても好きな場所。理由は、いつか湖畔に家を持てたらと思ったきっかけだから。

daiginjo travel canada quebec laurentian

 この辺りはスキーリゾートで、紅葉の季節に行くとリフトに乗って上の方まで行ける。そこからの眺めがこんな感じ。ここの写真は絶対にあるんだけど、現状見つかっていない。

 スキー場の全貌はわからないけど、湯沢の高速から見えるのと似ていた。山の斜面にはたいていコースがあって、ふもとにロッジ。他は全部低い山で紅葉で、とても美しかった。

 その真ん中に湖があった。浮いてるヨットをうまく描けなかったな。反対側に見える桟橋付近も行ってみたんだけど、チャプチャプしたさざ波の音、湖面に映る紅葉、湖面から見上げる山が素敵だった。カナダは氷河の跡だから、小さい湖がたくさんある。そういう地形をいいなと思ったのは、この付近をドライブした時が初めてだった。日本で見かけないよね?

 それに、ロッジ街も悪くない。少し日本の新しいモールみたいな感じだった気がする。イクスピアリとか。

daiginjo travel canada quebec laurentian

 紅葉の季節は肌寒いので、温かい物をいただいた。

 観光客がいっぱいというけど、カナダは広いからどこに行っても混まない。来ている人も(最近は某国の人などが押し寄せていたのかもだけど)いろいろ。私も思い出に残ってる人がいる。

 それはカナダ人のおばさま二人。モントリオールから少し離れただけでフランス語率が高くなることに対して、あたふたしてた。

「私たちはカナダ人よ。でもトロントから来たからフランス語はさっぱり。あはは」

 おしゃれをして、おばさま二人旅。ああいうのいいな〜。とても楽しそうだった。

 きれいな湖に、また行きたいな。

 

 ベタだけどメープルクッキーは好き。どこのを食べてもおいしいと思う。いつも食べ過ぎに注意。あと、今見つけたメープルリーフのしおりが素敵。こういうのいいな(ちょっと高い)

 海外旅行のお土産をネットで買えるっていいですね。バイヤーも楽しそう。

www.google.com

97:秋、ローレンシャンの紅葉でフォードのCMを思い出す

 ローレンシャンはモントリオールの北西にあるリゾート地。モン=トロンブラン、モントランブラン、カタカナ表記がどちらかわからない、とてもキレイな丘陵地帯にある。ここは紅葉がとても有名で、それを見たくて私も行った。

 モントリオールから車で二時間くらいだったかな。道はとても簡単で、下のグーグルマップにあるとおり、15か117をずっと北に向かっただけ。たぶんナビも使わなかった。途中、ティムホートンズに寄ったり、あーティムビッツ食べたい、とにかくそんな感じで延々と車を走らせた。

 他に車はたいしていなかった。カナダは田舎だし、休日以外でない日に都市部と反対方向へ向かったのだから当たり前か。とにかくそんな時のこと。森が深くなるにつれて、すごい景色が目の前に現れた。

 長く続く道路、その両脇に生えるたくさんの大きな木、カサカサ揺れる大きな葉。日本にもこういう場所はあるのかな。そんなカナダのダイナミックな自然が、見渡す限りすべて黄色と濃いオレンジに染まっていたのだ。木漏れ日とそよ風まで吹いていて、気分は最高。そこで猛烈に、90年代に流れていたCMを思い出した。

daiginjo travel canada montreal autumn foliage.jpg

♪This is my Ford---------
♪This is my, this is my, this is my Ford----------

 おじさんが、たったひとつのフレーズを高らかに歌い上げる車のフォードのCM。動画が見つからない……。車種は忘れた。四季に合わせて景色がアップデートされる、『そうだ、京都行こう』タイプのCMだったはず。その中に、燃えるような紅葉の森を抜けていくバージョンがあったと思う。目の前の景色はそのCMにそっくりだった。

「あのCMの中にいるみたい!」

と、かなり興奮したことを覚えている。

 辺りは静かで、木のいい匂いがした。窓を開けたり、途中で止まって誰も通らない道路の写真を撮ったりして楽しんだな。

 なのに!

 この美しい小旅行は、すぐに珍道中に変わってしまった。景色に夢中になって余裕をかましていたから、ガソリンが減っていることに気づかなかったのだ。次のガソリンスタンドまでもつかと焦る。
 車の往来もなく民家もない中途半端な場所だと、ガソリンスタンドがまったくないから要注意!気分的には「ちょっとモントリオールの郊外まで来た」程度でいたけど、所要時間二時間ということは、200kmくらい走ったということ。東京からだと遠くまで行けるよね。カナダは国土が広いから、その辺の感覚が麻痺してたみたい。

 無事給油できたけど、全部紅葉のせいだ!

www.google.com